ビオレuの手指消毒液スプレーのアルコール度は低濃度はなぜ?使用期限はいつなのか調査!

今回は、ビオレuの手指消毒液スプレーのアルコール度は低濃度はなぜ?使用期限はいつなのか調査!という事で調べていきます。

巷には、根拠がないのに新型コロナウイルスに効果ありなどと謳って様々な商品を販売したり、突然押しかけて新型コロナウイルスに効果があると偽った液体を使用し、家中の除菌を行うという詐欺も多数発生しております。

色々な情報が横行する中、私たちも個々に情報を吟味し正しい情報を得ていく事が必要だと感じる今日この頃です。

という訳で、最近話題のビオレuの手指消毒液スプレーは、新型コロナウイルスに効果があるかどうかも含め、アルコールの含有率が低濃度はなぜなのかとか、使用期限はいつなのかを調べていきます。

スポンサードリンク

ビオレuの手指消毒液が新型コロナに効果ある?


話題となっているだけあり、ネット販売のものは・・・いい加減にしなさい!と言いたくなるくらいな高価格で販売しているところもありますね。

溜息です・・・。

使い捨てマスクもそうですが、国内産の製品は徐々に供給が落ち着いてきている感じがします。

ビオレu手指の消毒液も普通に手に入るところも増えてきているみたいなので、普通の価格での購入をこころがけましょう。

 

こんな時だから消毒系の商品は欲しくなりますが、ステイホームが可能な方は、先ず外出しなければそこまで除菌に躍起になる必要はないです。

手洗いとウガイを徹底して、家の中の除菌は比較的手に入り易い次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤を)を薄めたモノで拭きとればそれで除菌する事が可能です。

因みに次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水(酸性電解水)は別物です。

 

アルコール(エタノール)系の消毒液は、濃度70%以上がウイルスに有効とされています。

今回の調査対象のビオレu手指の消毒液のエタノール濃度は、50~60%と少し低めです。

では、何故エタノール濃度が低いのにビオレu手指の消毒液が新型コロナに有効なのかを調べていきます。

ビオレu手指の消毒液は低濃度アルコールで効果がある理由は?

「ビオレu 手指の消毒液」および「ビオレガード 薬用消毒スプレー」は、手指・皮膚の洗浄・消毒の効能・効果をもつ指定医薬部外品です。
有効成分はベンザルコニウム塩化物(0.05w/v%)です。製品には、添加物としてエタノール(アルコール)を55.5%配合しています。なお、新型コロナウイルスへの効果は確認できておりません。

厚生労働省のホームページでも、「感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのような対応をすればよいですか?」の項に、「石けんによる手洗いや、手指消毒用アルコールによる消毒などを行う」と記載されています。

引用元:https://www.kao.com/jp/soudan/topics/topics_105.html

 

実は、ビオレu手指の消毒液を製造している花王は、「新型コロナウイルスの効果は確認できておりません」と言っています。

しかし、新聞記事になりますが北里大学の研究チームが、市販されている複数の洗剤やハンドソープなどを適切に使う事で、新型コロナウイルスの感染力を失わせる効果があるとの研究成果を発表しました。

詳しくは、毎日新聞の「市販の洗剤にウイルス不活化効果 エタノール、界面活性剤含有で確認」という記事をご覧ください。

北里大学の試験によって新型コロナウイルスへの効果が確認された製品の中に、ビオレu手指の消毒液も含まれています。

新型コロナウイルスへの効果が確認された製品(手指の洗浄、拭き取り洗浄用)
  • かんたんマイペット(原液)
  • クイックルワイパー立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液)
  • クイックルワイパー立体吸着ウエットシートストロング(絞り液)
  • クイックルJoanシート(絞り液)
  • クイックルJoan除菌スプレー(原液)
  • 食卓クイックルスプレー(原液)
  • セイフキープ(絞り液)
  • トイレマジックリン消臭・洗浄スプレーミントの香り(原液)
  • ハンドスキッシュEX(原液)
  • ビオレガード薬用泡ハンドソープ(原液)
  • ビオレu薬用泡ハンドソープ (3倍希釈)
  • ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液)
  • ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3倍希釈)
  • ビオレu手指の消毒液(原液)
  • リセッシュ除菌EXプロテクトガード(原液)

引用:https://mainichi.jp/articles/20200422/k00/00m/040/135000c

 

ビオレu手指の消毒液は低濃度アルコールなのに、効果があるとされている理由は、新型コロナウイルスは「エンベロープ」と呼ばれる二重膜で覆われていて、エタノールや界面活性剤がこの膜を破壊し、感染力を失うことが知られているのですが、そのメカニズムに添った効果が北里大学の研究によって実証された為だと言えるでしょう。

ビオレu手指の消毒液の成分

ビオレu手指の消毒液の成分

ベンザルコニウム塩化物0.05w/v%、エタノール、グリセリン、中鎖脂肪酸トリグリセリド、乳酸Na

エタノールは、55.5w/v%配合

55.5w/v%というのがピンと来ませんが、エタノール約50~60%という事だと思われます。

エタノール濃度が高くなればなるほど肌への刺激が高まり手荒れの原因となるので、一般的に使用する消毒液として、使い易くする為にエタノールの含有量を控え、代わりに肌を労わる処方としてグリセリン中鎖脂肪酸トリグリセリドといった添加物を配合しているのだと思います。

ビオレuの手指消毒液の使用期限はいつまで?

ビオレuの手指の消毒液には、特に使用期限は記載されていないようです。

一般的なアルコール消毒液は、製造日から3年が使用期限と言われています。

未開封で製造日が書いてある製品であれば、製造日から3年が使用期限になるでしょうが、製造日すら記載がない場合はどう考えれば良いのでしょうか?

未開封状態のアルコール消毒液が急激に劣化する事はないと思うので、使用期限がない場合は購入日からカウントしたら良いのではないでしょうか。

但し、あくまでも未開封で適正に保管されていた場合に限ります。

高温や直射日光に当たる場所での保管は劣化する原因となります。

開封後は、使用開始日の記入をしてなるべく半年以内を目安に使い切るのが良いでしょう。

ベンザルコニウム塩化物とセットがおすすめ?

ベンザルコニウム塩化物は、ビオレuの手指の消毒液にも有効成分として入っています。

ベンザルコニウム塩化物は、殺菌や消毒に用いられるものなのでビオレuの手指の消毒液もそもそもは、上記のTwitterにもある通りノロウイルスなどを対象に作られた製品なのかもしれません。

新型コロナウイルスに有効な成分とは言えませんが、怖いのは新型コロナだけとも限らないのでエタノールと合わせて使用する事で、予防できる病気の幅が拡がるんだと思います。

ベンザルコニウム塩化物は殺菌効果が高いので、コンタクトレンス溶液の防腐剤としても添加される様なので、そういう意味でも入っていて損は無いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ビオレu手指の消毒液の人気に世間やネットの反応

一般的に売られている他の同類製品と比べたら手に入り易い為か、他製品の代替品として使用する方も多い様に感じます。

が、ビオレu手指の消毒液が手に入り易いのは、製造元の花王さんが頑張って量産してくれているからだと思います。

くれぐれも、法外な値段での購入や転売は避ける様にしましょう。

スポンサードリンク

ビオレu手指の消毒液が良い理由のまとめ

最後に、ビオレu手指の消毒液が良い理由のまとめという事で書いて行きますが、やはり除菌系の様々な商品を使用するにあたり気になるのは、いかに有効性があるか?という事に尽きると思います。

私が調べた限りでは、ビオレu手指の消毒液という商品には新型コロナウイルスに有効性があると思いましたが、皆さんはどう感じたでしょうか?

最初にも書きましたが、個々に情報を吟味し正しい情報を得てそれぞれで判断していく事が大切だと思います。

ビオレu手指の消毒液は、エタノールの含有量が理想的な数値よりは劣りますが、北里大学の研究チームによるとウイルス不活化効果がある製品に挙げられています。

エタノールの含有量が低い分、手には優しいですし携帯用サイズも販売されているので、日常的に使用する製品としては優秀といえるのかもしれません。

但し、全てのアルコール系製品に言える事ですが、アルコールに対してアレルギーのある人には向きませんのでご注意を!

 

 

RECOMMEND こちらの記事も一緒に読まれています♪